須賀川×秋色 Herry.Kのペンケースにとんぼ柄が登場 人気のネコシリーズも!

特集記事

日本ならではの素材で作られた和柄ペンケースが素敵!

この可愛いペンケースの素材は何だと思いますか? 答えは”畳べり”です。あまり聞き慣れない言葉ですが、”畳べり”とは畳の両サイドに縫い付けてある布のこと。須賀川市東町にある老舗畳店で展開しているオリジナルブランド「Herry.K」では、ハンドメイドのバッグや小物などを販売していますが、豊富なデザインと色柄で人気を博しているのが、このペンケースです。使い方はさまざまなのでリピートしていくつも購入する方やスーツの胸ポケットから覗かせてワンポイントのおしゃれとして楽しむ男性もいるのだそう。年齢、性別問わず愛されているアイテムなんですよ。

季節限定の新アイテムや定番の人気商品は?

シンプルな単色や古典的で落ち着いた色柄、ポップな水玉や花柄まで目を奪われる和モダンな畳べりは、岡山県にある織物工房から仕入れています。製作担当のスタッフが厳選し「これ!」とときめいた畳べりが並べられていて、やはり女性に大人気。こだわりの素材でひとつひとつ心を込めて作られたペンケースは、可愛らしいだけでなく使い勝手も抜群なんです。薄くて軽いのでバッグに入れてもかさばらず、ペンケースとしてはもちろん、メモやメガネを入れたり、化粧ポーチ代わりに持ち歩いても◎。コレクターにはたまらない「ネコシリーズ」は製作が追いつかない程の人気ぶりで愛らしいシルエット柄から肉球模様までデザインも多彩です。「春夏秋冬」の季節に沿った色柄もまた注目したい一品で、暑さがひと段落する頃からは赤と黒のとんぼがあしらわれた、ほっこり秋色仕様が登場。ハロウィン柄も随時追加予定なので要チェックです!

和柄の代表格「市松模様4種」は2020年に向けて目が離せない!

2020年7月に開催される東京オリンピックのエンブレムや、マスコットキャラクター「ミライトワ」や「ソメイティー」にも採用されている市松模様は、オリンピックイヤーに向けて発表とともに注目度がアップしたせいか、市松模様のペンケース4種の売り行きがじわじわと伸びており、中には海外からのお客様が購入していくこともあるのだそう。お友達、ご両親へ記念品としてプレゼントしても喜ばれそうですよね。和の魅力が詰まったレトロ可愛い市松模様ブームは、今後ますます加速しそうな予感。須賀川発のオリジナルブランドで一足先に取り入れましょう!

畳べりペンケース各種
店頭販売価格 800円(税別)
久保木畳店 東町店
住所:須賀川市東町39
定休日:不定休(主に火曜日、第2.4日曜日)
営業時間:10:00~18:00
TEL:0248-73-2852
公式HPはこちら
facebookはこちら
instagramはこちら


すかがわのおととは、
そこを覗けば、須賀川のちょっと嬉しい発見がある。
思わずまちなかにお出かけしたくなる情報メディア。

ピックアップ記事

関連記事一覧