須賀川の夏! 厳しい暑さも癒える人気カフェの「かき氷」

特集記事

シロップはすべて自家製 ここでしか味わえないオリジナルを

須賀川もすっかり夏真っ盛りの陽気。ぐったりと茹だるような夏の定番といえば「かき氷」。暑い時期にこそ美味しく食べられるスイーツですよね。今回ご紹介するのは、市内で人気の古民家カフェで食べられるかき氷です。洗練されながらも落ち着いた雰囲気の店内でアルマイト製の器にたっぷりと盛られた冷たい氷に甘い自家製シロップと組み合わせて、ほてった体を涼やかにクールダウンしましょう!

季節限定の「かき氷」 今年の新作フレーバーも要チェック!

子どもから大人まで定番の「いちご」や南国のフルーツ「マンゴー」、疲れた体も復活しそうな「れもん」、「梅」、「黒蜜きなこ」など他ではあまり見かけないフレーバーが揃う全6種類のかき氷は「どんな味だろう」「どんな色かな」と自分好みを見つける時間も楽しめるラインナップです。オープン当初から毎年少しずつ新フレーバーが加わっているそうで、今年の新作は「林檎しょうが」。国産しょうがと須賀川市内の「こまつ果樹園」さんの“フジ“という品種の林檎を使用しています。シロップはすべてオーナーの奥様の手作りで数に限りがあり、なくなり次第終了とのこと。この夏に味わっておきたい、こだわりの詰まった一品です。

あっと驚くボリューム感! 体中にスッと染みわたる優しい氷

悩んだあげく、すかがわのおとは赤の発色が美しい「いちご」とシャキッとしそうな「梅」をオーダーしました。やはり一番人気だという「いちご」は果実の存在感が引き立つ、とろっとしたシロップが内側までしっかり染みていて、いちごそのものの甘味が楽しめます。「梅」は紀州産の青梅を使っていて、完熟梅よりもさわやかな後味が特徴。サラッとした淡黄色のシロップは夏らしさが口いっぱいに広がります。頂上に甘く煮詰められた梅がちょこんと乗せられているのも可愛らしいポイント。ボリューミーな氷の山は、あえて空気にさらした氷を薄く削ることでふんわりとした質感を出しています。思わず写真を撮ってしまいたくなる見た目ですが、そこはかき氷。溶ける前の美味しさを余すところなく味わうために、早めに食べるのがオススメです! 今年も厳しい暑さの福島。かき氷で一服の涼を感じましょう!

この記事もチェック!
かもめ舎 北欧ビンテージ&cafe

自家製シロップかき氷
※季節限定(4月下旬~9月頃まで)
※テイクアウト可
かもめ舎 北欧ビンテージ&cafe
住所:須賀川市大町403-1
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜日(不定休有り)
TEL:0248-94-4766
公式HPはこちら
facebookはこちら


すかがわのおととは、
そこを覗けば、須賀川のちょっと嬉しい発見がある。
思わずまちなかにお出かけしたくなる情報メディア。

ピックアップ記事

関連記事一覧